〜technique〜

ロウソク足(2本の組合せ)の見方


陰陽足は、ローソクに形が似ているところからローソク足と呼ばれるようになり、欧米では「キャンドルスティック」として紹介されています。一定期間内の相場の動きを記録した足型としては、情報量が多く市場の心理を判読するのには適しているとされています。その判読は「陰陽の別」「全体の長さ」「実体とカゲ」「上カゲと下カゲ」「2本線の組合せ」「3本線の組合せ」などによります。

足 形 呼び値
足 形 の 性 質
包み線
前日の値幅を包み込む大陽線か大陰線。前日の足を抱いているように見えることからついた名前。 上位の抱きは天井、下位も抱きは底の暗示といわれる。
はらみ線
抱き線の形と逆。前日の値幅以内で寄り引けした足。妊婦が子をはらんだような形。 高値圏では売り、安値圏では買い転換となる。
並び足
日足でジリ高の後上放れて、ほぼ同等の二本の陽線が出るとその翌日上寄りすれば大相場の前兆とされる。 下げ相場では下放れの前兆。並び陰線は上値では売り、下値では買い。
毛抜き天井
前日と当日の高値が同値で、毛抜きも両端のような形になる二本線。 後なって天井だとわかったとき、毛抜き天井という。上昇の途中でも出現するから即断は禁物。
毛抜き底
前日と当日の安値が同値で、毛抜きの両端のような形になる二本線。 下げの途中でも出現するが、目先は反発することが多く、大底になることも多い。
寄せ線
寄引同事線を寄せ線といい、コマなどと組み合せになると天井圏なら売り、底値圏なら買い。 2ポイント程度の差なら寄せ線とする。先に寄せ線が現れると、強力な転換暗示とされる。
長い陽(陰)線の後、マドをあけて短い線かコマ、十字線がでるとこれを星という。 マドをあけなくても長いヒゲの中に出る場合も同じ。 第三線次第ではあるが、変化の前兆。
空(マド)
マドをあけた放れ足を空という。上げ相場では先高を、下げ相場では先安を示す。連続して空が出ると、二空、三空という。
出会い線
前日と当限が陰、陽に分かれ、終値が同値になる場合。右図は上昇過程に出ると目先売り場。左図は下降過程に出ると目先買い場。
振分け線
前日と当限が陰、陽に分かれ、始値が同値になる場合。逆張り方針が良いとされている。
-
差し込み線
入り首線の長い場合。終値が前日の実線の半分以下の場合。追撃売りの急所とされる。
-
入り首線
前日の大陰線の安値より高値で引けた線。追撃売りの急所とされる。
切り込み線
前日の大陰線の中心より上値で引けて大陽線になった場合。反発の勢いが強く、ドテン買いになる場合が多い。
たすき先
陰線の後上寄りして、前日高値以上の終値になった場合、又は陽線の後下寄りして、前日安値以下の終値になった場合をたすき線という。 底値で買い、下げ途中で売りを示すとされる。
かぶせ線
大陽線の後、前日終値より高く始まり、前日の実体の中で終値となる坊主引けの大陰線が出た場合、かぶせ線という。 上伸相場で出ると、ドテン売りを暗示する。


SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO