〜technique〜

乖離率


乖離率(かいりりつ)とは、移動平均線を基準として、実線との開き具合より相場の割安感・割高感を探ろうとするオシレータ系のテクニカルです。移動平均法のグランヒルの法則の考え方にも似通っています。
テクニカル分析での乖離率とは、2本の移動平均の差もしくは移動平均と実線の差のことを指していますが、ここでは後者について説明します。
【基本的な見方】
乖離がプラス圏の時は売り有利、逆にマイナス圏にあるときは買い有利となります。特に、直近の動きの中で乖離が大きい局面では精度が高くなります。但し、乖離がマイナス圏からプラス圏に変化したときは、上昇トレンド突入の可能性を示しています。逆の動きの場合は下降トレンドの可能性を示します。
【計算式】
当日の終値/移動平均線×100




SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO