〜technique〜

%Rオシレーター


%Rオシレーター(以下オシレーター)はラリー・ウィリアムズが考案しました。
オシレーターは、当日の価格が値動きの中のどこに位置するかを表しています。当日の高値に近いほど数値が小さくなります。逆に安値に近づくほど数値は高くなります。
【基本的な見方】
0%近辺を高値警戒水準、100%近辺を下値警戒水準と見ます。
0%、100%の水準に張り付いた動きを「ガーベージ・トップ(ボトム)」と呼び、そのレンジの上下をブレイクしたときに売買サインとなります。
【計算式】
(n日間の最高値−当日の終値)/(n日間の最高値−n日間の最安値)×100




SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO