〜technique〜

ストキャスティクス



ストキャスティックスとは、価格の終値の位置と定めた日数の価格範囲を比較するモメンタム・オシレーターのことをいいます。
買われ過ぎ、売られ過ぎを読み取り、さらに%D、SLOW%Dという2本の線の相関関係から売買のポイントを見つけだす手法です。
【基本的な見方】
「Dライン(%D)が30%以下で、Kライン(%K)とDラインがデットクロスをしているとき」や「相場が下降傾向でDラインが30%以下の右上がりのダブルボトムを形成しているとき」などは買いシグナル。
「Dラインが70%以上で、KラインとDラインがゴールデンクロスをしているとき」や「相場が上昇傾向でDラインが70%以上の右肩下がりのダブルボトムを形成していとき」は売りシグナルとなります。
また、DラインとSDライン(slow%D)の読み方は、K・Dラインと同じで、シグナル回数もダマシの回数も激減する。特に「15%以下の買いシグナルや85%以上の売りシグナル」は信頼度が高いです。


【計算式】

ストキャスティクスの計算式(9日の場合)

%D

(H3÷L3)×100=%D

H3=(終値−過去9日間の最安値)の3日分の合計
L3=(過去9日間の最高値−過去9日間の最安値)の3日分の合計

SLOW%D

〔%D+%D(-1)+%D(-2)〕÷3=SLOW%D

%D(-1)=前日の%D
%D(-2)=前々日の%D

-考え方-
現在値がある期間(たとえば9日間)の価格レンジの中で、どの辺りに位置している かを測ることに基づいている。期間は9日または13日がよく使われ、売買サインは他に %Kと%Dを用いることもある。

%K

〔(C−L9)÷(H9−L9)〕×100=%K

C=終値
L9=過去9日間の最安値
H9=過去9日間の最高値
H3=(C−L9)の3日分の合計
L3=(H9−L9)の3日分の合計





SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO