商品先物取引 Future for Futures  〜A guidepost to victory〜
商品先物取引 ◇Future for Futures  〜A guidepost to victory〜 ようこそ!!            

 ▲TOP
 ごあいさつ
 投資を始める前に
 先物取引の基礎
 テクニカル分析
 有効な売買手法
 独自売買システム
 TradeDiary
 リンク







テクニカル分析



テクニカル指標の説明

移動平均線 ボリンジャー・バンド 一目均衡表 パラボリック 乖離率
RSI ストキャスティクス RCI MACD %Rオシレーター
陰陽足(ローソク) 陰陽足組合せ 新値足


テクニカル分析について

多くの投資商品は様々な要因によって価格が変動しており、その価格動向を予測するのは容易ではありません。いざ投資を行うとき、その投資商品の変動要因を大まかに知っていたとしても、あまりの情報の多さや質(新鮮さ)の問題により、取引のタイミングを掴めずにチャンスを見失うということがよくあります。

将来の価格変動を予測する方法として大きく2つに分けると、a)ファンダメンタル分析、b)テクニカル分析があります。上記の例はファンダメンタル分析を中心に取引を考えた場合に起こりやすいと思われます。ファンダメンタル分析は、あらゆる角度から分析を行うため、価格変動の決定要因があまりにも多く、将来の予測が非常に困難であることが言えます。また、世界各地で起こる材料をタイムリーに情報収集し、判断することはプロのディーラーでさえ難しいようです。

テクニカル分析については、ファンダメンタル分析と対比されることがよくありますが、両者の特徴として簡単に説明するならば、ファンダメンタル分析は経済の基礎的要因から将来の価格動向を予測する分析であり、テクニカル分析は過去の相場動向を統計的・心理的に整理分析することによって、将来の相場動向を客観的に捉えようとする方法です。また、投資のタイミングを計り、どのくらいの収益を上げることが出来るかを分析するものです。投資を行う上で、投資パフォーマンスを上げることを目的とした分析はとても重要ですので、テクニカル分析を用いることは大変有効であると言えるでしょう。

テクニカル分析の有効性として、@売買タイミングを計りやすい(特にレバレッジをかけた投資商品)、Aリスク管理としてのロスカットを決定しやすい、Bファンダメンタル分析の先行指標となること等です。一般的によく使われているテクニカル指標としては下記のものがあります。また、これらを基にして独自のテクニカル分析が構築したり、コンピューターを用いてシステム売買を行うプロトレーダーや投資家が増えています。








 免責事項について  SINCE 2004.04.21. Copyrights(c)Future for Futures .
SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO